将来を踏まえた登録販売者の資格取得

接客の技術

登録販売者という立場を考えてみましょう。資格取得ののちに活躍したいとします。薬局よりもドラッグストアが中心となってきますし、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、最近ではホームセンターでも募集が出てくることがあるでしょう。こうした職場で働くことを考えた場合に、資格だけではない条件が出てくることに注目しなければいけません。それが接客です。

商品を販売することが重要になってきますが、登録販売者は薬の説明もおこなっていきますし、相談に乗ることも必要です。接客という面でもスキルが要求されてくるため、人に接することが好きな人には向いている資格になってくるでしょう。

薬に対する知識を持つことはもちろんですが、どうやったら話を聞いてもらえるのか、相手の話を聞く傾聴の姿勢も必要になってきます。接客技術を学ぶことは、働くうえで必須の条件になることを考えておかなければいけません。

どんな状況になるのか、洞察できる力も必要です。相手の状況がどのようなもので、なにを必要としているのか、説明がうまくできていなくても察する力があれば適切な薬を提案できるようになります。こうした能力を持っている人は、十分に活躍できることは間違いありません。